過去記事を再編してお届けします。

『PK』終盤、列車爆破のシーン。PKのラジオから流れる音楽は、これもまたラージ・カプール主演の映画Phir Subah Hogi(1958年)から、Aasman Pe Hai Khuda(アースマン・ペ・ハェ・クダー、神は天上におわす)。

 

このシーンで流れる部分の歌詞は、「神は天上に、我らは地に。もはや神は語らない。たとえ殺りくや爆破が起きても」という内容です。60年前の映画の楽曲の詩が、今日もリアルに響きます。