PKを待ちながら

2014年公開のインド映画『PK』のネタバレです。『きっと、うまくいく』のランチョーを演じ、『チェイス!』のサーヒルを演じた「国宝級」俳優、アーミル・カーンの主演作です。鑑賞済みの方、ネタバレOKの方はどうぞ。未見の方は10月29日全国公開をお待ちください!

Dil Darbadar

過去記事を再編してお届けします。

PKが絶望して、雨の中、指輪や数珠をどんどん外すシーンで流れる曲、Dil Darbadar(ディル・ダルバダル、心はさまよう)。映画中では短い時間しか使用されていませんが、全曲を聴くと、切ないメロディー、神を探しても探しても見つけられずさまようPKを示唆する歌詞、たいへん素晴らしい曲です。
youtubeで聴くことができますので、ぜひ最後まで聴いてみてください。『PK』から抜粋してアレンジした映像が使われていますが、これまた胸が締め付けられる切なさです・・・!
「(神よ)なぜ隠れ鬼を続けるのか、私を故郷へ連れ帰ってくれ」という内容です。


Bhagwan Hai Kahan Re Tu 歌詞編

過去記事を再編してお届けします。

Bhagwan Hai Kahan Re Tu(バグワーン・ハェー・カハーン・レー・トゥー、おお神よ、あなたはどこにいる)。「巡礼編」が長くなってしまいました。こちらは「歌詞編」。


 
この曲は、7拍子です。takita takadimi。7拍子ってインドっぽいですね。
歌詞は、「神よ、あなたはどこに いるのか。あなたを探して疲れ果ててしまった」と言う内容です。実はこの歌詞の中では、「礼拝・祈り・儀式」を表す言葉として、ヒンドゥー教の「プージャー」、イスラーム教の「ナマーズ」、スィク教の「アルダース」という言葉が盛り込まれています。日本語に落とし込むのは非常に難しい部分なので字幕には反映されていないと思いますが、耳を澄ませて聴いてみてくださいね!
 

Tharki Chokro

過去記事を再編してお届けします。

サントラより「Tharki Chokro」(タルキ・チョークロー、変態野郎)。
言葉を理解しないPKがラージャスターンの楽団に身を寄せ、困った行動を繰り返すにもかかわらず、楽団に愛され受け入れられた様子が描かれます。
歌詞はラージャスターン周辺の言葉です。「変態野郎」と言ってしまうと身も蓋もないのですが、男女の見境なく手を握りたくて飛びかかる変態、でも可愛らしくて憎めないお客さん…いったいどこからやって来た?」といった内容です。

 


記事検索
アーミル・カーン(『きっと、うまくいく』のランチョー、『チェイス!』のサーヒル)のファンです。 アーミル主演、2014年12月インド公開の映画『PK』は日本未公開ですが、ネタバレをブログに書いています。 アーミルとPKに興味のない方は、積極的にブロック、RTブロック、ミュートなどしてくださいね!
メッセージ