PKを待ちながら

2014年公開のインド映画『PK』のネタバレです。『きっと、うまくいく』のランチョーを演じ、『チェイス!』のサーヒルを演じた「国宝級」俳優、アーミル・カーンの主演作です。鑑賞済みの方、ネタバレOKの方はどうぞ。未見の方は10月29日全国公開をお待ちください!

サンジャイ・ダット

バイロン役、サンジャイ・ダット。スキャンダラスな人生を歩むベテラン俳優。ヒラーニー監督が彼の自伝的映画を構想しているとか。身長189cmなので、アーミルと並ぶと・・・。PKではコミカルであり、重厚であり、重要な役を演じました。
Embedded image permalink 

スシャント・スィン・ラージプート

サルファラーズ役、スシャント・スィン・ラージプート。TVドラマから俳優を始めたようです。なかなかのイケメン好青年なので、今後に期待。
Embedded image permalink
 

ヒロイン アヌシュカー・シャルマー

ジャガトジャナーニー・サハーニー(ジャッグー)役、アヌシュカー・シャルマー。Rab ne Bana di Jodi、Jab tak hai Jaanでシャールク・カーンと共演。『PK』ではショートヘア、ミニスカート、留学、TV局勤務、恋愛、一人暮らし、と現代的な女性を演じました。 「帽子をかぶったらドナルド・ダックと区別がつかない」アヒル口がチャームポイント。
Embedded image permalink 
記事検索
アーミル・カーン(『きっと、うまくいく』のランチョー、『チェイス!』のサーヒル)のファンです。 アーミル主演、2014年12月インド公開の映画『PK』は日本未公開ですが、ネタバレをブログに書いています。 アーミルとPKに興味のない方は、積極的にブロック、RTブロック、ミュートなどしてくださいね!
メッセージ