PKを待ちながら

2014年公開のインド映画『PK』のネタバレです。『きっと、うまくいく』のランチョーを演じ、『チェイス!』のサーヒルを演じた「国宝級」俳優、アーミル・カーンの主演作です。鑑賞済みの方、ネタバレOKの方はどうぞ。未見の方は10月29日全国公開をお待ちください!

はじめに

このブログは、アーミル・カーン主演、2014年12月インド公開の映画『PK』に関するネタバレを中心にしたあれこれをつづるブログです。ぜひ、一度DVDや映画館で本作をご覧いただいてから、各記事を閲覧していただくことを強くおすすめいたします。そして、ネタバレを見た後でまたもう一度、映画をご鑑賞いただけるといいな、と思っております。

『PK』のDVDレンタル開始

『PK』のDVDのレンタルが4月4日に開始されました! 一言でまとめると、「絶対的に吹き替えがおすすめ」です。「イチゴ味」バンザイ!!!

正直な話、アーミル作品がこのような形(一般公開、DVD発売しかも日本語吹き替えつき)で日本に来ることは、もう二度とないと思います。劇場ですでにご覧になった方も、ぜひ、ぜひ、DVDで、日本語吹き替えで、ご覧下さい。劇場で観たときよりもするっと、ナチュラルにストーリーに入り込めることは間違いありません! さらに28日からはDVD/BDのセル盤も発売です! 末代までの家宝としてぜひお求めを。

さて、ところで、『PK』の日本語字幕は、ところどころ適切でないところがあって、DVDリリース後にちまちま取り上げようかなと考えていました。(「アラーの神」という不適切な表現とか、劇中の神様チラシすら大文字なのになぜか小文字pkとか、「イスラム教徒」を「サルファラーズ」に替えて論点がすり替わってるとか、人間全体に対する批判が導師個人批判にすり替わってるとか、下ネタが無意味に自粛されてるとか)
が、やめにします。なぜなら、吹き替え(の翻訳と演技)がとても良くて、かなりの部分が解決されているから。文字数やその他の理由で字幕に反映されなかったと思われる部分が、とても丁寧に盛り込まれています。映画の吹き替え版がこんなに素晴らしいと感じたのは初めてです。おそらく『PK』という作品が、言葉の表面だけではなく、表情とか、微妙な言い回しとか(要するに「演技」)、文字化できない、定量化できない要素を多分に含んでいるからなのでしょう。
いやー嬉しいです。『PK』が、インド映画が、メジャーなハリウッド映画と同じようにプロフェッショナルに、「普通に」扱われたことが嬉しいです(ここで「ムトゥ」の歌詞カードが脳裏をよぎります)。

そして、日本オリジナルのポップカラーのジャケットも、店頭に並んでその威力を発揮しています。キレイ! 可愛い!! 本国版のポスター、ジャケットは砂漠のような茶色背景なのですが、ウェブ広告展開などを考えるとキャッチーなポップカラーが正しいですよね。ロゴの「pk」垂直化したのでDVD背表紙に収まってます。

繰り返します。もうすでに劇場で観た方も、未見の方も、『PK』は吹き替えで観てね★ 

『PK』公開前夜

ついに明日、映画『PK』が日本公開となります。興行的にはこれからが本番、お客さんの入り具合が非常に気になるところですが、当ファンブログとしては、ここで一つの区切りを見ることになります。本来であれば、お世話になった皆様方に個別にご挨拶申し上げるべきところですが、恐縮ながらこの場を借りて、お礼を申し上げたいと思います。

2014年10月29日、東京国際映画祭の舞台挨拶にアーミルが来日したあの日から2年間、ずっとアーミルと『PK』のことばかりを考えてきました。いったいどれだけの時間と労力とお金をつぎ込んだことやら。狂ったように、熱に浮かされたように、マジュヌーンのように、発情期の牡象のようにオンラインやらオフラインやら国外やら国内やらビッグサイトやらを駆けずり回ってきましたが、ふと、1か月ほど前に、雷に打たれたように気づいたことがあります。

『PK』がきっかけで、なんと多くの人たちとの素晴らしき出会いがあったことか。

『PK』がなければ出会うことのなかったであろう方々と出会い、感動を共有し、ビールを酌み交わし、喜びを分かち合い、何物にも変え難い豊かな時を過ごすことができました。また、皆様の純粋なご好意により、とても貴重な情報や機会、お宝も分けていただきました。いま、私の心とお部屋の中は、金銀宝石に勝る輝きで満たされています。まるで人付き合いが苦手で引きこもりの私に、このような経験を与えてくださったこと、『PK』をきっかけにして出会った皆様には深く深く感謝しています。本当にありがとうございます。

そして、そもそもすべての始まりは『PK』であり、インドという国及び文化、インド映画、俳優アーミルとヒラーニー監督の豊かな感受性と才能、そして尽きることない挑戦の精神に対する尊敬の念はつきません。極東の片隅に暮らす一般人に、このような歓喜をもたらすことができるなんて、なんと驚嘆すべき力でしょうか。
『PK』とアーミルを追いかける中で、多くを学び、多くの感情を味わいました。今や、経典を求めて天竺へ渡った三蔵玄奘の気持ちが、生涯クリシュナを讃えて過ごしたミーラーバーイーの気持ちが、以前より近しく感じられます。周りのすべてが見えないほど熱狂のなかで、それまで知らなかったこと、うまく理解できなかったことが少し見えてきたような気がします。

それから、お仕事として『PK』に携わった皆様へ。エンタメ、広告宣伝のお仕事は時に過酷なものだとお察しします。しかし皆様の真摯なお仕事のおかげで、こうして生きる喜びと希望を得ている小市民が確かに存在しています。こんな一部のマニアにワクワクする日々を与えてくださったこと、とても感謝しています。

さて、今まできちんと書いていなかった『PK』の感想文をここで書いておきます。『PK』の何がそんなに胸を熱くするのか、うまく把握することも表現することもできず、ずっと2年間ポツポツとこのブログを綴ってきました。今の時点で感じているのは、この作品は「人がハッピーでない時にどう生きればいいのかについて、ささやかで確かな知恵を授けてくれる」ということです。私はどうやらハッピーエンドの物語があまり好みではないようで、どうも「なーんだ、結局ハッピーエンドか」という感情が頭をもたげてきます。「人生、ハッピーエンドじゃないことのほうが多いんだから、どうしたらいいのか教えてよ…」そんな問いに『PK』が少しだけヒントをくれます。『PK』の登場人物は皆、それぞれが困難に出会い、苦しみもがき、なんとか解決策・妥協作を見出して生きています。そんな人々と観客に対して、PKは優しく教えてくれます。楽しく踊って充電するんだよ、愛する人を信じるんだよ、まがい物には気をつけるんだよ、神は常に見守っているのだよ…。
ニッチな現代英語文学を異様な熱情で追い続ける都甲幸治氏がこんなことを書いていました。「複数の文化に根ざした小説を読むことで、僕たちの精神の地平は拡がるだろう」(英語で読む村上春樹2016年5月号 NHK出版)まさに私の精神の地平は、『PK』、そしてこれまで出会ったすべての皆様のおかげで拡がりを見ることができました。

どうか、『PK』のメッセージが、必要としている人のもとに届きますように。

…いや。

ぜひともPKのメッセージを受け取りに走ってください!! 今すぐ劇場へGO!! 上映館のチェックはこちらから!

近くに映画館がない? たまには国内旅行でもしてみませんか?! 正直言って、アーミル作品が日本公開されることは、もう二度とないと思うんですよね〜。行くなら今ですよ!

記事検索
アーミル・カーン(『きっと、うまくいく』のランチョー、『チェイス!』のサーヒル)のファンです。 アーミル主演、2014年12月インド公開の映画『PK』は日本未公開ですが、ネタバレをブログに書いています。 アーミルとPKに興味のない方は、積極的にブロック、RTブロック、ミュートなどしてくださいね!
メッセージ